FC2ブログ

「ひさこママへ」



ひさこママへ。


ママ泣かないで。
パパ泣かないで。


ムサシは、幸せだったよ。
僕は、たくさん楽しんだから。


僕、赤ちゃん頃からママと一緒だったね。
もう、16歳になっちゃった。


小さい頃の僕、可愛かったでしょう。
家族のアイドルだったかな?
写真もいっぱいあるよね。


ママは、立てなくなった僕のお世話をしてくれた。
お下のお世話をしてくれてありがとう。


いつも「ムサシ」って呼んでくれてありがとう。


パパは、いつもお散歩に連れて行ってくれたね。
パパは、二番目に好きと言うことで・・・。


僕は、ママに笑ってもらいたいんだ。
ママは、お仕事いっぱい頑張ってるから心配だよ。


僕、ずっと元気だったら良かったけれど。
ずっとママを守りたかったのに。


ごめんね。
ママを悲しませちゃって、ごめんね。


ママ、僕はいつか会えると思って待っているからね。
また会えるから、泣かないで。


ずっと、待っているからね。
そばにいるからね。


ママの胸の中にずっといるからね。
最後、ママの胸のなか、温かかったよ。
ママの涙で、僕はグチャグチャになったけどね。


ごめんね。
びっくりさせちゃって。







ねえ、パパ。
毎年、桜が咲くと、僕を花見に連れて行ってくれたね。
桜の花びらが散ると面白くて、追いかけっこしたよね。


ねえ、パパ、ママを守ってあげてね。
約束だよ。
絶対だよ。


ねえ、ママ、こちらは、ずっと桜が咲いているんだよ。
綺麗なお花がいっぱい咲いているよ。


僕ね、今は元気にお空を飛んで、駆けまわっているからね。
ほら、こんなに元気にね。

いつかママを乗せて飛ぶんだよ。
ビューンってね。


本当に、本当にありがとう。
ひさこママ。
ママの笑顔が一番だよ。


ママ・・・愛してる。
ママ・・・愛してる。
ママ・・・愛してる。


少しの間・・・さようなら。


ムサシより。


img_head.jpg



昨日、ひさこママの愛したムサシ君は、
病院に向かうママの腕の中で、永眠いたしました。
16歳の可愛い犬でした。


本日、小さくなりママのもとへ帰りました。

会えると思っても、別れは、悲しいですね。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



スポンサーサイト



 
2016-07-12(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

愛する家族を失った時の悲しみは
周りの人のどんな優しい言葉も役にたたなくて
ただ会いたい。それだけでした。
だから・・・
同じ悲しみにいる人には言葉が出て来なくて
でも何か言わずにいられなくて
その人の心に寄り添っていたいです。
2016-07-13 00:36 | ぬこさん | URL  [ 編集 ]

 

イヤだ…(´・_・`)

ずっと一緒に居られると思っていたのに…
お別れは辛いんだよね。

お別れが辛いから、動物との生活はイヤだ…という方も多いけれど、それでも私は毛玉族との生活を捨てられないわ。
小さいくせに、なんと存在感の大きいことか。彼らには哲学があるんだよね。
2016-07-13 09:44 | まめはなのクー | URL  [ 編集 ]

ありがとうの気持ちを忘れない 

ペットを飼った時からいつかは来る別れですが
分かってはいても、長い間一緒に家族として暮らして行くのですから、その時の別れは辛いものです。

私も一昨年ちょうど2年前に特別な子を亡くして
同じ経験をしました。
忘れる事はきっと生涯出来ないでしょうね。

むさしさんのママもきっと私が逝くまで待っててと言うお気持ちでしょうね。
今は一番つらい時、時がきっと少しづつ心を癒してくれます。
むさしさんのご冥福心よりお祈り申し上げます。

※早速のご入金(*m_ _)mありがとうございました。
2016-07-13 11:25 | おけい♪ | URL  [ 編集 ]

 

ああ、気持ちがようくわかります。

愛犬を亡くしたときの悲しみは私も体験しました。
菜の花が咲くころでしたから
今も菜の花を見ると、当時を思い出します。

何処も同じですよね、悲しみは。
2016-07-13 16:52 | 森須もりん | URL  [ 編集 ]

ぬこ 様 

こんばんは、ぬこさん(*^_^*)


> 愛する家族を失った時の悲しみは
> 周りの人のどんな優しい言葉も役にたたなくて
> ただ会いたい。それだけでした。

そうですね。
その通りです。

待っていてくれると思い込んでも、
冷たくなった亡きがらを抱きしめて・・・幾晩も夢かと思いました。
朝まで、やんちゃな顔を見せていたこが居なくなるなんて。
信じられません。


> だから・・・
> 同じ悲しみにいる人には言葉が出て来なくて
> でも何か言わずにいられなくて
> その人の心に寄り添っていたいです。

その方は、職場の仲間ですが、涙が止まらない状況です。
当たり前ですね。
16年間も家族なのですから。

たった、6月でも忘れることはできないですから。
お別れは、いつか来るのですが・・・。

時間が流れて行くと少しは、癒されて行くと信じて。

ありがとうございました。
2016-07-13 20:15 | Miyu | URL  [ 編集 ]

まめはなのクー 様 

こんばんは、クーさん(^-^)

> イヤだ…(´・_・`)

私もお別れなんか嫌です。
皆、みんな愛するこたち。

>
> ずっと一緒に居られると思っていたのに…
> お別れは辛いんだよね。

本当に堪えますね。
寝たきりでも、そばに居てくれたら良いのです。

>
> お別れが辛いから、動物との生活はイヤだ…という方も多いけれど、それでも私は毛玉族との生活を捨てられないわ。
> 小さいくせに、なんと存在感の大きいことか。彼らには哲学があるんだよね。

ここに居るこが、居なくなるなんて考えられないですね。
居て当たり前の生活ですもの。

一緒に逝きたいものです。
ちゃんと見届けたら、ですが。

残して行けませんから。

ひさこママは、ゆっくりゆっくり悲しみを癒して欲しいです。

ありがとうございました。
2016-07-13 20:26 | Miyu | URL  [ 編集 ]

おけい♪ 様 

こんばんは、おけいさん(●^o^●)


> ペットを飼った時からいつかは来る別れですが
> 分かってはいても、長い間一緒に家族として暮らして行くのですから、その時の別れは辛いものです。

覚悟をしていても、辛いことですね。
我が家の「ここ」は、急に天国に逝ったものですから、
家族がおかしくなってしまいました・・・。

>
> 私も一昨年ちょうど2年前に特別な子を亡くして
> 同じ経験をしました。
> 忘れる事はきっと生涯出来ないでしょうね。

そうですね。
時間がたっても、その時のことは忘れられません。
今でも苦しくなります。

>
> むさしさんのママもきっと私が逝くまで待っててと言うお気持ちでしょうね。
> 今は一番つらい時、時がきっと少しづつ心を癒してくれます。
> むさしさんのご冥福心よりお祈り申し上げます。

ひさこママは、気丈に仕事に取り組んでいます。
いつもの、ムサシ君のことが急に無くなって・・・。
「昨日は、ムサシの分までご飯作ったんだよ」と言われていました。


>
> ※早速のご入金(*m_ _)mありがとうございました。

先ほど届きました。
楽しみです(●^o^●)

ありがとうございました。
2016-07-13 20:32 | Miyu | URL  [ 編集 ]

もりん 様 

こんばんは、もりんさん(^-^)


> ああ、気持ちがようくわかります。
>
> 愛犬を亡くしたときの悲しみは私も体験しました。
> 菜の花が咲くころでしたから
> 今も菜の花を見ると、当時を思い出します。

もりんさんのわんちゃんは、菜の花が咲く頃天国に逝かれたのですね。
きっと、長年生活されていたのでしょうか?
もう、家族ですもの。

>
> 何処も同じですよね、悲しみは。

一緒に生活していれば、経験しますよね。
せめて、ちゃんと看取りたいものです。

外猫も家猫も縁があったのでしょうから。

ありがとうございました。
2016-07-13 20:36 | Miyu | URL  [ 編集 ]

 

こんにちは。

辛いですね。
愛した分だけ別れが辛く、その悲しみから立ち直るのも難しいです。

私もいまだにこまめのことを思い出すと
息ができなくなります。

ムサシ君のご冥福を心よりお祈りいたします。

2016-07-14 13:06 | oharumama | URL  [ 編集 ]

oharumama 様 

> こんにちは。

こんばんは、おはるママさん(●^o^●)
>
> 辛いですね。
> 愛した分だけ別れが辛く、その悲しみから立ち直るのも難しいです。


そうでしょうね。
長い時間を共に生きたこたちですから。
時間をかけて、癒していく必要がありますね。

>
> 私もいまだにこまめのことを思い出すと
> 息ができなくなります。

ママさんも経験されていらっしゃるものね。
本当に苦しいことです。

>
> ムサシ君のご冥福を心よりお祈りいたします。

ありがとうございます。
ひさこママに伝えます(*^_^*)

ママさんは、少しはゆっくりされていますか?
気が楽になったことと思います。

これからは、自由に楽しんで、記事を書いてくださいね。

また、お会いしましょうね。

ありがとうございました。
2016-07-14 21:41 | Miyu | URL  [ 編集 ]

訪問者数
「ここ」は永遠に…
My Family
DSC02011.jpg 《 もか 》 13.jpg 《 ここ 》 DSC03664.jpg 《 ととろ 》
リンク
このブログをリンクに追加する
ポチッとお願いします
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: