「新年」




明けましておめでとうございます。




今年も、ご馳走から始まりました。
実家に遊びに行き、母の手作り料理を堪能。

母が料理上手だと、娘は料理の腕が上がりません。
「また、作ってね」になりますから。

いつまでも、居て欲しいな。
「スーパーばばあ」なのだから。

少し、背が丸くなって、心配だよ。


DSC02587.jpg


国産高級肉の食べ放題。
これは、孫(私の息子)のためですね。

肉の不得意な私は、我慢して一切れのみ食べる・・・。
一番美味しいのは、ネギだわ。


DSC02588.jpg


綺麗ないくらですね。
息子は、いくら丼ぶりにして食べていました。

贅沢は、今日だけですよ。


DSC02620.jpg


ぶどう、いちご、きんかん。
大きなきんかんって甘くて美味しいですね。


DSC02595.jpg


私が手土産に持って行ったケーキ。
素朴な感じですが、甘みが抑えてあり、美味しいのです。

本当は、値段が抑えてある。


DSC02639.jpg


息子たち。

たかは、成人式のお祝いを父母からもらって、大喜び。
少ない年金を節約してくれたと思うと、胸に来るものがある。

息子よ、じいじ、ばあばの思いがわかるか?

病弱な父が「なかなか迎えが来ないでな」と言った。
「馬鹿言ってるんじゃないわよ、人間は簡単に・・・」と強く言う怖い私。

歳を重ねることや病気なんて・・・いつか皆、経験するのだから。
笑顔で、過ごしましょう。


DSC02606.jpg


初詣に行きました。

「もか、ここ、ととろ、クロ、ミケ、チビクロが幸せであります様に」。
あ・・・人間の分を忘れた。


DSC02642.jpg


おみくじの結果は・・・。
吉でした。

まあまあかな。
今年は、少しスローペースにしたいな・・・。

いつもの通りに、たい焼きを買って食べました。


DSC02646_2017010115041087e.jpg


もかは、いつもお正月のようです。
今年もたくさん遊ぼうね。


DSC02574.jpg


今年も「なんとなく猫ブログ」をよろしくお願いいたします。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
スポンサーサイト
2017-01-02(Mon)
 

「恋人対支援者」



ととろ 「今日は、ママさんが書いたへんてこな内容を紹介したいんだって」。





※長文になりますので、時間のない方はスルーしてください。

「恋人対支援者」

ある、午後の○○センターに響きわたる怒鳴り声。「田中と鈴木は、どこにいる、バカヤロー。出てこい」かなり興奮した声である。怒鳴っている彼の横に小柄で可愛らしい女性が横にいる。その可愛らしい女性は、もうすぐ90歳になる町子さん。怒鳴っている男性は70歳の八郎さんである。

 ○○センターの利用者である町子さんは、自身の生活全般について、不安を抱き行政窓口に頻繁に訪れていたことから、担当地域として関わるようになった。既に夫は亡くなり、わが子がいないため独居の高齢者である。甥や姪は、近くにいるのだが関係が悪く付き合いも無いという。町子さんは、「あいつらは、お金が欲しいだけだから好かない。付き合うつもりもない」と言い放っていた。

訪問を重ねて行くうちに、町子さんは、大変な資産家で、なんと何億円以上もの現金が通帳に入っていることがわかる。本人が通帳を見せ、すぐ金額がわからなかったほどである。全国的に事業を展開していた夫が残してくれた貴重な財産であろう。
しかし、町子さんは、軽度の認知症があり、支援者である職員たちは財産管理のためにも成年後見人制度の活用を勧めて行きたいと思っていた。

町子さんは、自身が亡くなった後、公的機関やお寺へ寄付をしたいと決めていたと聞く。そのような中、八郎さんと出会い、町子さんは、恋をしてしまった。八郎さんは、偶然に出会った男性で、時間の経過と共に家に入り込み、町子さんの財産を自由にしている疑いがあった。八郎さんの関わりに対し、支援者である田中と鈴木は、多くの不安があったため、訪問を重ねて行くことになる。

町子さんから出る言葉は、「親戚にやる位なら八郎さんに全部あげる。お金が目当てでもかまわない。この人は結婚したい若い女性もいると言うけれど、私に優しくしてくれる。この人の手は、優しい」と言う。まるで、どこかの連続ドラマのような話である。町子さんの承諾と共に、行きずりの男性が瞬く間に、何億の財産を手に入れる。そして裏には何か事件性がある。

 法律の専門家に助言を求めるが、「本人の望むことなら仕方がない」という見解である。それらを聞きつけた甥が町子さん宅に出かけ、何億円も入った通帳を見せられ驚く。○○センター職員も丁度居合わせたため、八郎さんの顔が攻撃的になって行くのを感じたと言う。

 そのような経緯で、邪魔をする職員に向かって怒鳴りこんで来たのだ。八郎さんは、小さな体を震わし、机をバン、バンと何度も叩く。町子さんは、時折、困った顔を見せるが、比較的穏やかに見守っている。その時、八郎さんの手が職員の胸をつかんだため、他の職員が警察を要請する。ほどなくして警察官が到着し八郎さんの勢いがおさまって行く。警察の効果は、絶対であろう。金銭搾取疑い等諸々の事情もあることから、職員と共に警察署にて事情を聴取されることになる。

 そして、最終的には、町子さんが自身の意思で希望していることなので、仕方がないという結論となる。何か働きかけることが出来るのは、親戚位であろうと言う結論である。支援者としても納得が行かないが仕方がない。支援者よりも常にそばにいて、肌を寄せ合う優しい手が一番ということであろうか。そして、幾日も過ぎない日、町子さんと八郎さんは、養子縁組をしたと聞かされる。これで確実に恋人をこえて親子になったのである。

 町子さんにとって、それが幸せならば良いのだろうか。何が正しくて、何が間違っているのであろうか。やはり、すっきりしないままである。支援者は、そばにある「優しい手」には、敵わないのだろうか。



ととろ 「長くてくどいよね」。


DSC02356_20170104222249e79.jpg


ととろ 「高齢者の方は、さみしいのかな?」。


DSC02129_20170104222250308.jpg


ママ 「騙す人がいること・・・悲しいね」。


DSC02402_2017010422225106f.jpg


これは、企業と大学生が取り組んだ社会貢献事業のローズマリーの鉢。
特別支援学級の学生が、鉢を作って、売上を福祉関係機関に寄付します。



DSC02447.jpg


たい焼き屋さんに置いてあり、購入しました。
この手作り感が良いですね。


DSC02450.jpg


もか 「人間は、お喋り出来るから幸せじゃないの」。


DSC02258_2017010422225649d.jpg


もか 「僕たちは、嘘をつけなからね」。


DSC02342_201701042222576f4.jpg


もか 「愛があれば、お金もいらないしね」。


DSC02332.jpg


チビクロ 「ママさんは、お金がいるってよ」。


DSC02491_2017010422230001a.jpg


お仕事が、始まり現実と向き合っています。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ




 
2017-01-04(Wed)
 

「いろいろあったな」



もか 「寒いです」。


DSC02669.jpg


家の中でも寒い・・・。


DSC02676.jpg


ととろ 「だあれ?なあに?」。


DSC02678.jpg


チビクロ 「このハウスは、温かいから大丈夫だよ」。


DSC02679.jpg


もかと、ととろの見つめる先には・・・。


DSC02722.jpg


ミケだね。
元気そうでなにより。


DSC02721.jpg


お隣りハウスでちゃんと温かくしているんだね。


DSC02720.jpg


もかの妹が出来ました。


DSC02711.jpg


「よろしくね」。


DSC02713.jpg


さて、いろいろあったな・・・の「たか」。
小・中・高と野球児。

大学では、軟式野球を楽しんでいます。

泣いてすがる子を置いて、働いてしまいましたが、
もう、20歳なのね。

少々、変わっていると思いますが、それなりに成長しました。
天国の「ここ」とバイクで日本一周ができたから良かったね。


明日は、息子の成人式です。
宣言通り、髪の色を変えて来ました・・・。

まさか、式典で問題を起こさないよね・・・。


DSC02737_2017010719111381d.jpg


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-07(Sat)
 

「成人式」


本日は、息子の成人式でした。
バタバタと走り回りました。

振袖を着る娘さんなら、もっと大変でしょうね。





お祝いを頂いたので、お赤飯を用意しました。


DSC02904_20170108180724275.jpg


たか 「僕、カッコいいかな?」。

もういいって。
早く行くよ。


DSC02774_20170108180725d31.jpg


やはり、派手だわ・・・。


DSC02788_20170108181324211.jpg


おばあちゃんは、ニコニコ。
髪色も綺麗でいいね~って。

これは、ばば馬鹿です。


DSC02801.jpg


私とは、イヤイヤだって。
笑顔は???。


DSC02790.jpg


「絶対、他人のふりをして」と言う息子。
大きい声で名前を呼んで、手を振ってやろうかな。


予定外ですが、成人式に参加してしまいました。
保護者は、後ろの方で参加できるのです。

綺麗な娘さんばかりです。

恩師から、運動会の「組み体操」が素晴らしかったよ~とお話しがあり、
とても懐かしく、真剣に聞いていました。

ああ、参加して良かった・・・。

来賓者もよく知る方ばかりで、「あれが息子」と言わなかった私です。


DSC02875_20170108180731ea9.jpg


羽織、袴は息子だけで、びっくり。
かなり目立ってしまいました。

皆さん、髪の色も真っ黒です。
息子は、浮くわ、浮くわ・・・。

田舎では、トラブルは起きないくらい平和ですね。
誰も騒がない。
いいね~、この田舎感。

何故、女性の真ん中にいるのだ・・・。
アイドルか?

後から「僕は、式典後のビンゴ大会の進行をやって、大受けだった」と言う。
あなた、何者なわけ?

目立つから写真の真ん中に入ってラッキーとな・・・。


DSC02847.jpg


もか 「僕、かまってください」。


DSC02899_20170108180734187.jpg


ととろ 「僕、心がオープンだよ」。

季節的にヘソ天って、どうよ・・・。


DSC02819.jpg


その後、夜の懇親会に出かけて行った息子です。
髪色は、戻してもらいますからね。

親馬鹿ブログ記事で、失礼いたしました。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-08(Sun)
 

「ここ、元気かい?」





2017年1月12日
天国の「ここ」の命日です。

あれから、3年経ちました。

どなたかのブログの記事に載せてあった素敵な言葉です。

「すべての出会いに 意味があるなら 悲しみにさえ 光は宿る
あなたと言う名の 命の証しを 愛しているよ」。

ここが、残していった思い出は、永遠に。
そして、笑顔につながることを思い出しましょう。


この写真は、ここの最後の写真。
2014年1月11日。

まさか、次の日、永遠にお別れするとは思わなかったね。





もかと、ここは、いつも寄りそって。
私たちに幸せをたくさんくれたね。


DSC03498_201701091424038bb.jpg


ブログで知りあった素敵な方が、額縁つきで写真をプレゼントしてくださったのです。


DSC02579.jpg


もか 「僕は、ここが急に冷たくなったからずっと温めていたんだよ」。


DSC02583.jpg


ととろ 「お兄ちゃん・・・」。


DSC02584.jpg


今日は、ここの命日ですが、ここと約束をしたので、
笑顔で過ごそうと思っています。

ここが導いてくれたから、皆さまとも出会えたのですから。


「ここ、元気かい?」
いつか、会えますように。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-12(Thu)
 

「カムバック」




とても寒くなりましたね。
多くの雪が降り続いていることでしょう。

こちらは、たいしたことはないです。
昼には、すっかり溶けてしまいました。

しかし、寒いこと。

寒い時は、マフラーがあると温かいですね~。
そう思っていたら・・・。
おけいさんから温かい贈り物が届きました。


にゃんこ用マフラーならぬマラボーのチョーカーです。
こんなにたくさん(これは一部)です。

おけいさんの手作りです。
おけいさんのお家の猫さんが手離せない位、好きだったそうですよ。

皆さんも欲しくなったでしょう(*^_^*)。

わかり辛いですが、下にあるバッグも手づくりです。

おけいさんは、小鳥ブログのお友達ですが、
多くの手作り作品を作製し、購入も可能な会社の社長さん(カッコイイ)です。

猫のゲージカバーを作っていただいたのですよ。
しかも、わがままをいっぱい聞いてくださいました。





これは、人間用チョーカー。


DSC02978_20170114121713c4c.jpg


温かくて、おしゃれですね。
ドレスアップしたら、良さそうですね。


DSC02991.jpg


もかには、ピンクが似合います。
意外と素直にはめさせてくれました。

うん、可愛いです。


DSC02976_20170114121715166.jpg


ととろは、いかがでしょう?
可愛いと思いますが・・・。


DSC02975.jpg


浅草観音のお守りまで、ありがとうございました。
ネコ目石付きで、幸運を導いてくださるようです。

懐かしく、笑える思い出があります。
浅草寺は、出張で東京へ行った時、訪れたことがあります。
手術が控えていたので、祈る様におみくじを引きました。

結果は、凶でした。
「ガーン」でしたが、元気に生きています。


DSC02977.jpg


さて、大寒波に備えて、ハウスを強化しました。
カイロも増強。


DSC02980.jpg


あ、ミケ。


DSC02897.jpg


あ、クロ。


DSC02983_20170114121723a52.jpg


チビクロ。
チビクロは、最高のハウスを独占中。


DSC02985_20170114121724e52.jpg


寒さによって、カムバックしたこたちを発見しました。
お好きなハウスへどうぞ。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-15(Sun)
 

「びっくり事件+」




寒い時は、これですね。

白い物は、お餅ではなく小麦粉を練って落としたもの。
柔らかくてモチモチですね。





過日、Mママさんから頂いた高級なお菓子です。
ご存じでしょうか?


DSC02742_20170118212124ded.jpg


チョコレートラスクがとっても美味しいのですよ。
瞬く間になくなりました。


DSC02741.jpg


今朝、出勤前のこと。

お隣のおばちゃんが暗い顔をして近づいてきました。

おばちゃん 「娘が車に跳ねられたクロちゃんを連れて来て・・・もう亡くなっていて」。

私 「えっ?クロ?クロですか?」。

おばちゃん 「たぶん違うと思うけど・・・黒い猫で、まだ温かかったのよ」。

猫をこよなく愛するおばちゃん家族。
おばちゃんは、かわいそうになり、パニック状態。

そういえば、クロの姿を見ていない。
チビクロもどこに居るの?

私 「クロ、クロ」。
大きな声で叫ぶ。


DSC02986.jpg


「にゃお~ん」。
クロたちの姿を確認。

ああ、びっくりしました。


DSC02989.jpg


お隣のおばちゃんは、行政の火葬場を予約し、連れて行くとのこと。
きっと車に跳ねられたのでしょう。

その黒い猫を連れてくる娘さん。
悲しそうに火葬場へ連れて行くおばちゃん。

私は、そこまでできるのだろうか?

黒い猫は、寒い中、車に跳ねられ、放置されて。
最後は、おばちゃんに抱きしめられ、きっと天国に向かったことでしょう。


DSC02923_20170118212129791.jpg


そして、夜。
お酒が入った父。

母とケンカをしたのか、「ちょっとさみしくてな、まだお迎えが来ないでな」。

高齢になった父。
電話をしてくることは、珍しい。

ちょっと、弱気になっている様子。

たくさん、お喋りをしました。

「まだまだ、元気でね、また行くからね」。
最後は、笑い声。


DSC02924_20170118212131867.jpg


ととろ 「男は、不器用ですな~」。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-18(Wed)
 

「もかのサプライズ」





クロとミケのハウスは、チビクロに占領されました。
ある日、クロがハウスを襲撃したため、ボロボロに・・・。

そこで、とても器用?な私が修繕いたしました。





さあ、どうだ~。
さすが、針を持つと血だらけになるはずだわ。

寒さをしのげれば良いですよね。
ととろの壊れそうなダンボール箱をガムテで修繕した私の腕前ですから。

我ながら、上出来です。(自分をほめたいと思います)。


DSC03047.jpg


食欲旺盛なととろ。
もかの餌の残りを食べてしまいます。


DSC03022_20170121170955846.jpg


うん?似ている。


DSC03029.jpg


職場のおばちゃんが東京さへ行き、「人形焼」のお土産をいただきました。
あ・・・狸。
ととろは、狸ということでしょうか。


DSC03031.jpg


猫だけ太っては、なりませね。
私も、栄養をつけましょう。

最近、体重が減った・・・。
このままでは、「ガリガリおばあ」になってしまう。


DSC03032_201701211709598a2.jpg


高カロリーのカマンベールチーズフライにマーマレードをたっぷりつけて食べます。


DSC03035.jpg


焼き鳥をパクパク。
でも~生ビールでお腹がいっぱいになってしまいますね。


DSC03033.jpg


さて、本日のこと。
午後過ぎまで仕事でしたが、父を誘い美味しいコーヒーを飲みに行きました。

滅多に来ないわが家に来た時です。
いつものようにもかは、走って逃げて行きました。

しばらくして、突然父にすり寄ってお腹を見せて甘え出したのです。
父は、初めてのことに戸惑いながら、もかを優しく撫でました。

その顔は、幸せそうでした。

もかは、知らない人のそばには絶対寄らないこですから、びっくりです。
もかからのサプライズだったのでしょうか?


DSC02901_2017012117100410e.jpg


もか 「僕は、さみしい人の気持ちがわかるんだよ」。

もかは、やはり不思議なこです。

私が精神的に限界の時、必ずそばに来て、なくのです。


DSC02928.jpg


父の笑顔が私を幸せにしてくれました。
ありがとう。

「愛される」こと。
「必要とされる」こと。
「役割がある」こと。

小さなことですが、もかに感謝する日でした。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-21(Sat)
 

「寒い朝」





寒い朝。
ミケが現れる。





久しぶり、ミケ。


DSC03041.jpg



ミケ 「なんだよ」。


DSC03042.jpg


ミケ 「見るんじゃないよ、あっち行ってよ」。
怖い顔しないでよ。


DSC03043_201701232001399c6.jpg


ミケ、ちゃんと食べてるかな?
少し、痩せたみたい。

ちゃんと、食べて冬を乗り切るんだよ。


DSC03046_20170123200141186.jpg


クロ、最近よく食べられるね。
もう大丈夫だね。


DSC03039.jpg


クロやミケがいないところで、チビクロはパクパク。
孤独だね。
チビクロは、一人ぼっちかな。


DSC03045.jpg


2階の廊下。
ここのいた場所。
今は、ととろの居場所になったね。


DSC02912_20170123200145faf.jpg


もかと、ととろ。
今日は、氷が張っていたよ。
外は、とっても寒いからね。


DSC02918.jpg


こんな寒い朝は、人間も辛いね。
春よ来い。
早く来い。


DSC02786.jpg


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-24(Tue)
 

「クロの挑戦」





「俺は、クロ」。





「俺は、決めた」。


DSC03070.jpg


「俺は、やる」。


DSC03071.jpg


「俺は、挑戦する」。


DSC03069_20170126192836947.jpg


「俺は、許さない」。


DSC03072_20170126192838faf.jpg


「俺は、まだやれるんだ」。


DSC03051_20170126192839402.jpg


「俺には、守るものがある」。


DSC03053.jpg


ととろ 「・・・」。


DSC03010.jpg


「ギャー、ギャー」。

ととろ 「何が起きた?」。


DSC03013.jpg


ミケ 「クロさん、カッコいいよ」。


DSC03055.jpg


チビクロの姿がない。
事件がまた起きた・・・。

つづく。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-27(Fri)
 

「俺は、ボス猫のクロなんだ」





俺は、クロ。
ちよっと前までは、ボス猫さ。

俺は、ずっと生意気な奴らと闘って来たから、首のあたりは、傷だらけさ。
生き抜くために強くなければならないんだ。

俺も老いぼれちまったな。

一時は、食えなくなってヤバかったぜ。
最近、生意気なチビクロが現れたんだ。

俺は、きっと・・・たぶん・・・勝てるけどよ、ミケが怖がるから・・・。
ちょいと、チビクロに温かいハウスを貸してやったんだ。

でもよ、最近ミケが元気なくてよ。
俺は、ミケを温かいハウスに入れてやりたかったわけさ。

あの夜、俺はかつての俺を取り戻したんだ。
俺は・・・。

俺は、ボス猫のクロなんだ。
だから、生意気なチビクロを襲ったんだ。
「ここから、出て行け」とな。

「ギャー、ギャー」と言って逃げ出したぜ。
あの夜から俺は、このハウスの中さ。

もともと、俺たちのハウスなんだ。





俺、怖いだろ?
まだ老いぼれじゃねえよ。

馬鹿にすんな。
笑うんじゃねえよ。
可愛いこを守らなきゃならないんだ。

俺は、どこでもいいんだ。
ミケと一緒にいてやりたいんだ。


DSC03139_2017012913260800a.jpg


あいつが、逃げて行ったから、ミケを呼びに行ったさ。
「もう、大丈夫だぜ、こちらへ来な」ってな。


DSC03137.jpg


ミケは、喜んでくれたぜ。
「久しぶりに温かいよ、ありがとさん」ってよ。

やっぱ、俺・・・強いだろう?
まだまだ、負けるものか。


DSC03133.jpg


ミケが、温かければそれでいいんだ。
俺は、守るべきものがあるんだ。
それが、嬉しいんだ。

俺には、役割があるってことよ。
俺は、自分から逃げないってことさ。


DSC03149.jpg


ほら、ミケ、お前は奥へ行け。
奥の方が温かいぞ。

俺が守るからな。


DSC03128_20170129132613ff4.jpg


いつもの平和な風景です。

複雑な思いと共に・・・。


DSC03111.jpg


チビクロにハウスを奪われてクロが避難した犬小屋ハウス。

チビクロが心配で、探しました。
「チビ~チビ~」。


DSC03116.jpg


チビクロが犬小屋ハウスに入っていました。


DSC03093.jpg


チビクロは、遠くへ行っていませんでした。
ほっとしました。

犬小屋ハウスもカイロを入れて・・・。
外の猫社会は、厳しいものがあります。

皆、仲良くなんて難しいのでしょう。


DSC03120.jpg



  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2017-01-29(Sun)
 
訪問者数
「ここ」は永遠に…
My Family
DSC02011.jpg 《 もか 》 13.jpg 《 ここ 》 DSC03664.jpg 《 ととろ 》
リンク
このブログをリンクに追加する
ポチッとお願いします
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: