「明けましておめでとうございます」

2016年1月1日

新しい年の始まりですね。
明けましておめでとうございます。



お正月らしく、お花を飾りました。

DSC04586.jpg

玄関には、寄せ植えの花を。

DSC04603.jpg

ちょっと、バランスの悪い鏡餅。

DSC04609.jpg

クロ、ミケ、明けましておめでとう。
今年もよろしくね。

DSC04600.jpg

ついた餅で、お雑煮を作りました。

DSC04614.jpg

こちらのお雑煮は、シンプルですね。
もち菜だけを入れて煮ます。

DSC04616.jpg

ケーキを購入し、年始のあいさつへ行きます。

DSC04601.jpg

蟹を用意してくれました。

IMG_8369.jpg

高級肉のすき焼きは、息子たちが大喜び。
日頃、食べられませんから。

DSC04645.jpg

近くの神社へ初詣に行きました。

DSC04624.jpg

母と記念写真です。
「お母さん、健康でいてくださいね」

DSC04641.jpg

お正月は関係なく、ととろは、グーグー。

DSC04573_20160101164151b14.jpg

もかも、フミフミにゃんことグーグー。

DSC04577.jpg

今年は、もう少しゆるゆるしたいですね。

と、言いながら・・・。
時間がもったいないので、研修資料を確認する私です。

皆さまにとって、良い1年になります様に。
今年も「猫らしきブログ」をよろしくお願いいたします。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
スポンサーサイト
2016-01-01(Fri)
 

「えらいこっちゃ」

本日から、お仕事でした。
ああ、体調の良いこと(*^_^*)

雪見窓???
お洒落でしょう。



違います。
犯人は、この方です。
もかが、障子を破りました。
えらいこっちゃ。

DSC04170.jpg

この方が気になって、気になって。
クロに闘いを挑み、この有様です。

DSC04592.jpg

ミケのことも気になるため、5枚めの雪見窓を作成中です。

DSC04561.jpg

バリスタの様になっているととろ。
ママ用の買いたて羽毛ふとんに粗相をしました。
ピンクの可愛いシーツと共に。

お風呂場で新品の布団を足で踏みながら洗い続けたのは、1月2日でした。
良い汗かいたわ。
「僕のにおいをつけただけにゃん」ってか。
はぁ~、えらいこっちゃ。

DSC04613.jpg

「僕、ととろのおしっこ踏んじゃった」
猫、踏んじゃったじゃあるまいし・・・。

甘い、もか。
ママは、何回踏んだと思う?
知らずに掃除機をかけて、今も掃除機かけるたび、におうのよ。

DSC04567.jpg

暖かい日が続くので、クロとミケのためにお部屋のお掃除をしますよ。
この、にゃんこの巣(木箱)にホカロンを2つ入れて。
最近は、クロとミケが仲良く入っています。

DSC04605.jpg

多くの場合、ミケは、家の裏にある乾燥機の上。
ダンボールベッドに寝ています。
ここにもホカロンを1つ。

DSC04608.jpg

近づくと、必至で飛び出して逃げて行きます。
可愛くないんだから。

DSC04607.jpg

「俺は、最強だぜ」
動ずることなく、クロはまさに番犬ならぬ番猫の役割を果たしています。

DSC04598.jpg


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-04(Mon)
 

「おにぎりの犯人」

可愛いにゃんこのハンカチを買いました。



5枚買って、ニヤニヤと眺めていたところ・・・。

DSC04672.jpg

床にころがるおにぎりを発見。

DSC04691.jpg

いち、にい、さん、よん。
あれ?ひとつ足りない。

DSC04692.jpg

えっ?

DSC04679.jpg

何ですか?

DSC04682.jpg

もかでは、ありません。

DSC04684.jpg

ひゃ~逃げろ~。

DSC04697.jpg

知らないし、知らないし。

DSC04698.jpg

ととろでは、ありません。

DSC04290.jpg

犯人は、お前だ。
ととろよ、だから太るのよ。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-07(Thu)
 

「冬ののら猫たち」

昨日は、研修のため、出かけていました。
会場近くの公園で、多くののら猫たちに出会います。
もかにそっくりの毛並みのこもいました。



昼休憩の時間、お弁当を持って公園へ。
しまった、今日はおにぎりしかない。

160109_1219~01

あら、多くののら猫たちが、何かを食べています。

160109_1219~02

まだ、幼い仔猫も多くいます。
目の周りが、グチャグチャになっているこもいます。
拭いてあげたいな。

160109_1219~04

そこには、犬を連れた若い夫婦が、猫たちに餌を与えていました。
とっても嬉しくなりました。
このこたちは、人間から食べる物をもらって生き抜いているようです。

160109_1210~02

「はい、じゃまた明日ね」と夫婦は、言い残し、去って行きました。
そこには、「むやみに猫に餌を与えないでください」と看板が立てられています。
むやみとは、何だろう?

冬ののら猫たちを見ることは、辛いことです。

通りすがりの男性が「地域猫にしなきゃいかんな」と呟いています。
理解のある方もたくさんいらっしゃるのです。

160109_1210~01

研修から帰るとクロが出迎えてくれました。

DSC04718.jpg

ミケは、慌てて「にゃんこの巣」から飛び出てきました。
お気に入りのハウスになったのかな?

うふふ、クロとミケが仲良く入っていたのです。
ホカロン入れ替えるからね。

DSC04717.jpg

ととろは、息子のたかがスノーボードに行ってしまったため、さみしく留守番です。

DSC04701.jpg

もかは、こたつの布団の上でまったり。
「遅かったにゃん」とでも言うように、お腹を見せて甘えて来ました。

DSC04689.jpg

家の中と外の違いは、何故起きてしまうのだろう。
冬ののら猫たちよ、許しておくれ。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-10(Sun)
 

「ここの命日」

2014年1月12日
ここが天国に召された日です。
この世に8ヶ月余りしかいませんでした。


DSC03450_20160111184315133.jpg


2013年4月28日生まれ
2013年6月23日にわが家へ
2014年1月12日永眠
たった6ヶ月余りだけ一緒にいたわがこ。
家族のアイドルであり、息子たかとずっと一緒でした。
だから、ブログ名を「たか&ここ」にしました。

2年前の今日、ここは、旅立ちました。
多くの悲しみと、苦しみを残して逝きました。
この時期になると、どうしても駄目です。

もう、2年経ったのだからという思いもありますが、
やはり、本当の思いをここに書いておきたいと思います。
少しずつは、書いてきたのですが。
吐き出してしまおうと思います。
優等生タイプ?の私の告白です。
私が前を向くために。


DSC00034.jpg


ネガティブになると思いますので、不得意な方はスルーしてください。
真の原因は、不明ということを踏まえて。


2014年1月12日 朝

嫌がるここを去勢のため病院に連れて行きました。
連れて行ったのは、私では、ありません。

私が用を足している間に病院に向かい、顔をみていないのです。
食べることが大好きなここが、絶食し、お腹をすかせて行ったのです。
夕方前には、病院から連絡があると聞いていました。

夕方、病院からの電話がなく、こちらから電話をかけました。
「今、取り込み中なので後から電話をします」と言われました。
その時は、おかしいな?と思った程度でした。


DSC00005 (2)


ずっと待っていたところ、やっと院長から直接電話がありました。
「大変、危険な状態です」と。
何がなんだかわからず「助けてやってください」と大声を出しました。

病院に着き、私がみたここは、舌を固定され、いくつかのチューブに繋がれて、
ICUの状態です。

獣医は、心臓マッサージをしていましたが、ここの足はすでに硬直していました。
もう、駄目だと思いました。

毛並を何回も何回も撫でて、力の限り名前を繰り返し叫びました。
「こんなはずじゃない」
「こんなはずじゃなかった」
「私がここを殺す日を決めてしまったじゃないか」


DSC00004 (2)


狼狽した獣医は、言いました。
「手術が終わってからチョコンと座っていたのに・・・」
「もう少し、早く見つけていれば・・・」
「申し訳ありません」

手術が成功したのになぜ死ななければならないの?
え?ここは、ちゃんと生きていた。
チョコンと座っておびえていたの。

もう少し、早く見つけていればって・・・。
それ、何?
誰もみていなかったってこと?
術後の管理体制は、どうなっていたの。
ゆったりとご飯を食べていたの?
お茶でも飲んで、笑っていたの?


だからここに聞きたい。
ずっと聞きたかったのです。


DSC00007 (2)


「お前は、一人ぼっちで苦しんで喉をかきむしりながら亡くなったのか?」
「助けてと叫んでも、誰も来てくれなかったのか」と。

そして、獣医にも言いたい。
「命が危ういのであれば、何故早く呼んでくれないのか?こことの最後の時間を
少なくしたのはあなただ」

「術後の管理ミスを隠したかったのか」と。

そして、息子が「殺された」と繰り返し訴えました。
あなただけ悲しいわけじゃない。
あなただけ思っているわけじゃない。
涙を流せるだけ救われる。


DSC00008 (2)


「訴えて、お金を返してもらえ」
何それ?
「ここは、お金に代わるわけ?」
「綺麗ごとを言うな」
人間なら許されないけれど、猫なら軽んじられるの?

皆、悲しみや苦しみが攻撃となって行く。
ここが、泣いている。
もかも、泣いている。


DSC03558_20160111190138949.jpg


冷たくなったここの体を抱きしめながら、
私は、いくつかの許せない気持ちや怒りを封印していきました。
夜なかに何回も、ここのいた場所を探したのです。
野球遠征で不在だった、たかの帰りを待ったのです。

そんな2回目の命日。もう終わりにできるかな。
「ここ、お腹すいてないかい?」

来年は、きっと大丈夫だと思うから。
ここ、心配しないでね。

ここの命日は、笑顔でいられるように。
また、会えますように。


最後まで、おつきあいしていただいて、ありがとうございました。
感謝しています。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-12(Tue)
 

「雪見窓のある風景」

ここの命日にいただいたコメントに感謝しています。
私は、幸せです。
こんなに優しい皆さまに出会えたこと。
心を込めて、ありがとうございました。


さて、
ある国家資格に不合格だった息子の決意が、パソコンに貼ってありました。
今年は、頑張ってください。

あ、ゲームしてる。
・・・。



雪見窓6枚目に突入しました。※クロが気になり、障子を破るもかの仕業。
フミフミしながら・・・。

もか 「おっ」

DSC00016.jpg

フミフミ。
もか 「おおっ」

DSC00017_2016011219521087c.jpg

フミフミが止まり。
もか 「来るか・・・」

DSC00019_2016011219521113e.jpg

クロ 「よう寝たわ~」

DSC00012.jpg

クロ 「キリッとな」

DSC00011 (2)

しばし、微動だにせず。
もか 「こ、怖い、勝てません」

DSC00018_20160112195242d22.jpg

ととろ 「僕は・・・」

DSC00024.jpg

ととろ 「僕は・・・」

DSC00021.jpg

ととろ 「僕は、勝負しません」

DSC00020.jpg


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-15(Fri)
 

「外猫ハウスのバージョンアップ」

息子が買って来たにゃんこカレンダー。



おお、可愛いじゃないですか。
12匹、家族にできるかな?

DSC00006 (2)

ちらり。
うん?何だこれ?

DSC00015 (3)

ジャーン。
素敵なブロ友さんから、ゲージを頂きました。
ありがとうございます。

DSC00027.jpg

もかも、ととろも喜んで遊んでいます。
でも、これは、クロとミケのために使います。

DSC00029_20160117141214dba.jpg

僕、気に入りましたけど、使えませんの?

DSC00030.jpg

と、言うことで・・・。
ビニールハウス内にゲージを設置しました。

DSC00010 (3)

上には、ベッドを置きます。

DSC00013 (3)

下には、ぬくぬくのフリースを。
この下にもホカロンを入れます。

DSC00012_20160117141255dab.jpg

ミケの写真は、撮れなかったのですがちゃんと入っていました。
クロは、堂々とくつろいでいます。

DSC00007 (2)

俺のお気に入りのお家、ふたつになったぜ。(もっと、ありますよ)
気分で選ぶぜ。

寒くなったから、どうぞ選んでください。

DSC00008 (2)

昨日の研修の様子です。
大変疲れました。

このような感じで、下手な講義をしている私です。

DSC00048.jpg


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-17(Sun)
 

「+さみしい、もか」

外猫ハウス、さらなるバージョンアップ。
寒さと雪対策のため、シートを被せ、
飛ばない様に、紐で固定しました。

雪が降る予報が出ています・・・。

DSC00006_20160119203601deb.jpg

やはり、朝、雪がたくさん降っていました。
クロもミケも無事入っています。
良かった。

今日は、早めに職場へ行き、雪かきをしました。
ついでに雪だるまを作りました。

顔は、上司の顔にしてみました。
玄関に飾っておきました。
上司は、大笑い。

DSC00004 (3)


美味しいお話しです。
旅猫のさくらさんから嬉しいお土産が届きました。四国中央市新宮町にある「霧の森大福」ですって。

さくらさんは、愛猫の縞ちゃんと旅に出かけて、記事を書いていらっしゃいます。
にゃんこを旅に連れて行くって羨ましいですね。
また、訪問してみてください。

DSC00003 (3)

まだ、凍っています。
何、なに?4時間冷蔵庫で解凍せよ、と書いてあります。

DSC00005 (3)

よし、食べごろです。
抹茶のほろ苦さと、こしあんが絶妙、中には生クリームが入ってます。
最高の味です。いっきに2つ食べられます。
さくらさん、ありがとうございます。

DSC00001 (5)

さて、もかと、ととろは・・・。

DSC00021_20160117183646caf.jpg

寝ているととろに迫るもか。

DSC00022 (3)

うん?

DSC00025 (2)

やめてくだされ。

DSC00024_201601171837240dd.jpg

かたまる、ととろ。

DSC00026 (2)

放心状態のととろ。

DSC00028 (2)

僕のこと、嫌いですか?
ううっ・・・。

DSC00004 (2)

かつて、もかとここは、いつも舐めあっていました。
残念ながら、ととろは、舐められることが嫌いみたいです。
ちょっとさみしい、もかなのです。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-20(Wed)
 

「支えられて、今がある」

本日は、仕事関係のイベントがありました。
地域で活躍する「ボランティアのつどい」です。

皆さん、無償で活躍している方ばかりです。



会場には、障がいがある方の作ったパンやクッキーが販売されています。

DSC00015.jpg

ボランティアの皆さんも支える立場だけではなく、
自らの楽しみや、役割を喜びにされているのです。
支えているようで、支えられているのです。

DSC00016_20160123190608d09.jpg

支えてくださる方。

それは、特別な人ではなく、そばにいてくれるだけかも知れません。
気がついていないだけかも知れません。
本当は、たくさんあるのです。

職場の優秀な職員より、細かく気づかいしてくださる高齢の方が心の潤いをくださいます。
掃除のおばちゃんの「おはよう」の笑顔も好きです。
いつも、綺麗にしてくださって、ありがとうございます。

病気で入院した時に、医療従事者よりも掃除のおばちゃんの「辛かったね」の言葉で、
心が救われました。
初めて、弱音をはけました。

聴くこと、待つことが出来るようになりたいものです。

DSC00018 (2)

防災用グッズの紹介もありました。
災害ボランティアには、頭が下がります。
東日本大震災跡地へ訪れた時、ただ、ただ涙が溢れました。
怖かったでしょう、寒かったでしょう。

DSC00019 (2)

今は、美味しそうな保存食があるのですね。

DSC00020_20160123190642608.jpg

身体の不自由さを補う道具です。
当たり前の生活、当たり前の健康。
それは、なくしてわかることなのでしょう。
誰もが、心身共に健康でありたいと思っています。

DSC00022.jpg

綺麗な黄色の水仙が、心を元気にしてくれます。
花には、不思議な力があるようです。

DSC00025.jpg

詩吟、剣舞、マジック、コーラスなどの発表会。
この方たちは、高齢者や障がい者の施設などに訪問していらっしゃいます。
高齢の方は、涙を流して喜んでくださるそうです。

訪問する方たちの喜びにもつながっているのでしょう。
お互いに役割があるのです。

DSC00046.jpg

もか 「お忘れじゃないですか?」

忘れていませんよ。
もかたちが、支えてくれていますから。

皆さんとのつながりややり取り。
私は、たくさんの方に支えられて、今があるのです。

DSC00007 (3)


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-23(Sat)
 

「駄目よ、ダメ、ダメ」


大寒波も通り過ぎ、少し暖かくなりましたね。
クロとミケは、抱き合って寒さをしのぎました。
早く、春が来ないかな。

もかは、雪見窓からチェック開始です。



右よし、クロとミケは、来たら駄目よ、ダメ、ダメ。(やや古い)

DSC00011 (3)

俺、クロ。
うふふ、左側にいますよ。

DSC00009 (2)

ママさん、そばに来たら駄目よ、ダメ、ダメ。
ミケ、怖い顔だね~。

DSC00016_20160122202632a87.jpg

ママさん、またパソコンを使いますか?

DSC00002 (5)

ととろの相手をしてください。
駄目よ、ダメ、ダメ。

DSC00003 (6)

僕、もう、ふて寝します。
せまっ。

DSC00020_20160122202711216.jpg

もかは、健気に待ちます。

DSC00001.jpg

待ちきれません。
僕もふて寝します。

DSC04314.jpg

現在、息子たかが試験中で、1階のリビングにて勉強をしています。
眠そうなととろを2階のたかの部屋に連れて行き、なでなで。
ととろが、ゴロゴロと甘えて来ました。

そこへ、たかの部屋の前で、もかがじっと待っていました。
もかは、1階で寝ていたはずなのですが。

ここが亡くなってから、何故か部屋には、入って来ないのです。
とても繊細なこなのです。

部屋の出口に近寄ると、隠れるように1階へ逃げて行きました。

駄目よ、ダメ、ダメ。
心が乱れるじゃないですか。

もか、心配しなくていいからね。
大好きだよ。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ




 
2016-01-26(Tue)
 

「ウダウダとひやっほ~い」

僕、ととろ。
今日は、ママさんのお仕事のお話しから。

ずっと前、ママさんのところに大学生が実習に来た時、
泣かせてしまったことがあったの。

純粋で、真っすぐな可愛い女の子。
涙がポロポロ溢れたの。

DSC00001 (3)

なに~。
もかは、可愛い子を虐めると許しません。

あのね、彼女はね、職場のおばちゃんたちの言動が許せなかったの。
人に対する対応に誠意を欠いているとママさんに訴えたわけ。

ママさんは、正しいと思うことも、社会に出たら我慢することがたくさんあるんだよ。
貴女のように全てを強く主張したら、おばちゃん達も傷つくのだよ。
と静かに話したんだ。

否定されたと思ったのか、彼女の目から真珠のような涙が溢れたんだ。
とても綺麗な涙が。
綺麗過ぎて、切なかったよ。

DSC00010 (7)

あたい、ミケ。
ママさんよ、ママさんは、彼女に嘘をついたのかい?

ううん、違うよ。正しいのは、女の子だよ。

ママさんも、
真に心のこもった対応じゃない時、許せないよ。
でも、真っすぐ過ぎると、壊れちゃうんだよ。

人に吐き出した言葉は、もう戻らないからね。

DSC00011.jpg

支援者や指導者は、つい技術を持って人に接するんだ。
でも、人として対等に向き合わなかったり、
人生の先輩に対して、心を込めているようで、本音が違う場合、
許されないからね。

DSC00013 (3)

ママさんよ、難しいこと言ってるね。
俺、わかんね~。

クロ、そうだね。
たぶん、ママさんもその女の子と同じだね。

ママさんも許せないから。
支援者である私たちが、優位のはずはないのだから。
勘違いしないでよ。

もし、相談する立場なら、
あなたたちは、自分たちに相談したいのかしら?
心のないあなたたち。

相手の行き場のない苦しさわかる?
そんなことに、傷ついているのは私。

DSC04666_20160126220026627.jpg

ここで、話題を変えて、ひやっほ~いなこと。
寒かった日。

IMG_8448.jpg

もかと、ととろが一緒に寝ていました。

IMG_8449.jpg

とっても嬉しかったので、連写してしまいました。

IMG_8455.jpg

ととろが、もかの体の上に足を乗せている姿がまた笑えます。

IMG_8453.jpg

ほとんどない状況に、ひやっほ~い、ひやっほ~いの私でした。

IMG_8452.jpg

くどくてごめんなさい。
さて、今週末は研修なので、休み無しで走ります。
休まず、諦めず。ウダウダ。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2016-01-29(Fri)
 
訪問者数
「ここ」は永遠に…
My Family
DSC02011.jpg 《 もか 》 13.jpg 《 ここ 》 DSC03664.jpg 《 ととろ 》
リンク
このブログをリンクに追加する
ポチッとお願いします
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: