「ここ、お喋りしようよ」

ここに会いたくなって、
鞄から取りだした小さなここ。

ここのいた証拠が入っているから。
ここの存在を確認して、握りしめる。



ここ 「また、何かあったんでしょう?」
ママ 「小さなここ、可愛かったね」
DSC02319_20151203185943a73.jpg

ここ 「もかのことかな?もかは、大丈夫だよ」
ママ 「そうかな?ここがいないから心配なんだよ」
DSC04316.jpg

ここ 「もかは、僕にたくさんキスしてくれたね」
ママ 「本当だね、本当に仲良しだったね」
DSC03379_20151203185945c6a.jpg

ここ 「弟のととろは、僕そっくりになったね」
ママ 「そうだよ。でもここみたいにずっと一緒にいないんだよ」

ここ 「ととろの性格だから気にしないで、いいこだから」
ママ 「わかってるよ」
DSC04324.jpg

ママ 「もかとここ、いつも一緒にいて、見ているだけで幸せだったよ」
DSC02691.jpg

ここ 「クロのことは、仕方がないよ。もかは、お家を守っているつもりなんだ」
ママ 「うん、それもわかってるよ。クロもいいこなんだよ」

ここ 「もかは、優等生タイプだからね」
DSC04241.jpg

ここ 「僕はね、もかと出会った時、よくケンカしたんだよね」
    「すぐ仲良くなって、ずっと一緒にいたよね」
DSC03337_201512031900568be.jpg

ここ 「ミケ、可愛い顔になったね」
ママ 「でもまだ、近くに行くと噛まれそうになるんだよ」
ここ 「困ったこだね」
DSC04031_20151203190057662.jpg

ここ 「もかは、キスが大好きだったね」
ママ 「最後も一杯キスしてくれたからね」
DSC03559_20151203190059e25.jpg

ここ 「何とかなるから、大丈夫だよ」
   「ママの信じた道を行けばいいんだよ」

ママ 「うん、わかった。ありがとう」
   「ごめんね。また来てくれるかな?」

ここ 「もちろんだよ。ずっとそばにいるから安心して」
   「生きていること、それだけで感謝しなきゃね」

ここが、また教えてくれた。
天国からのメッセージ。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
スポンサーサイト
2015-12-03(Thu)
 

「やさしい手」


不安そうにみつめるもか。
DSC04346.jpg

その先には、クロ。
DSC04347.jpg

息子たちが爪切り。
暴れるととろ。
息子、たかの足に引っかき傷。
DSC04331.jpg

あ・・・。
DSC04332.jpg

あ・・・。
DSC04334.jpg

やめてください。
大人しいもか。
DSC04335.jpg

怖くて落ち込むもか。
DSC04342.jpg

よし、よし。
DSC04341.jpg

よし、よし。
もう怖くないよ。
DSC04343.jpg

ととろのやさしい手。
DSC04344.jpg

やさしい手、
ママにもくださいな。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-06(Sun)
 

「抱き合うクロとミケ」

本日は、ある講義の日でした。
「先生、キョンキョンに似ていますね」と言われ、気分上々。

いつも最後に質疑、応答をするのですが、
あるマッチョな男性が「あたしは、見た目が男ですが、心は女なの」
と、告白されました。

確かに、可愛い洋服を着て、仕草も女性のようです。

そして、「こんなあたしでも、このお仕事できますか?」と真面目に質問されたのです。
私は、「関係ないから、この仕事をするための力をつけてください」と笑いました。

彼(彼女)の深い苦しみを感じました。
性同一性障害なのでしょう。
マイノリティが故に、社会で生き抜くことが厳しいのでしょう。
皆、同じ人間なのです。

参考に
性同一性障害とは、医学的な病名で、「生物学的には性別が明らかであるにもかかわらず、
心理的にはそれとは別の性別であるとの持続的な確信をもち、かつ、自己を身体的および
社会的に別の性別に適合させようとする」障害です。


さて、外猫情報です。

あ、ミケがいた。


しらんぷり。
DSC04351_201512090622338e7.jpg

やばっ、見つかったよ。
DSC04349.jpg

逃げるよ。
DSC04352.jpg

下に逃げるのさ。
DSC04337_201512090622374eb.jpg

あたいは、まだ人間を信じていないのさ。
DSC04356.jpg

グーグー。
ママさんよ、ホカロン効果で快適だぜ。
DSC04355.jpg

俺、ママさんに「おはよう」するぜ。
DSC04353_20151209062315d52.jpg

今日も、イケメンだろ?
DSC04354.jpg

クロとミケだ。
DSC04361.jpg

クロとミケは、抱き合って。
DSC04357.jpg

クロとミケは、温め合って。
DSC04358.jpg

クロとミケは、守り合って。
DSC04360.jpg

差別するのは、人間だけかも知れない。
猫から学ぶことがたくさんあるね。

温かいお部屋に、ようこそ。
ママは、とっても嬉しいよ。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-09(Wed)
 

「にゃんこハウスのピンチ」

わお~凄い強風です。
激しく雨が降っています。
皆さまは、大丈夫でしたか?
DSC04365.jpg

強風で、にゃんこハウスがピンチです。
DSC04367.jpg

ビュー、ビュー、バタン、バタン。
DSC04369.jpg

このままでは、崩壊してしまいます。
DSC04370.jpg

雨の中、ビニール紐で固定をしました。
私は、ずぶ濡れになってしまいました。
DSC04371.jpg

クロは、裏の乾燥機の上にいて、無事でした。
DSC04373.jpg

ミケは、乾燥機の上のにゃんこハウス(ダンボール)の中にいました。
近くに寄ると、飛び出て逃げて行きます。
DSC04374.jpg

雨風もおさまり、平穏な3にゃんショット。
DSC04362.jpg

もかとクロの無言の会話。
DSC04363.jpg

にゃんこハウス守ってくれて、ありがとさん。
DSC04364.jpg

このにゃんこハウスの弱点は、風でしょうね。
改良する必要があるようです。

メモ、メモ。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-12(Sat)
 

「くちづけ」

過日、宅間孝行さんが演じる舞台「くちづけ」を観に行きました。
堤幸彦監督により、映画化もされています。
ぜひ、ご覧になってください。

主観の入った紹介なので、関心のある方は、ネット検索をしてくださいね。
ここでは、思ったことを自由勝手につぶやきますね。

にゃんこの写真にのせて・・・。

DSC04298.jpg

舞台は、知的障がいの方が共同生活をするグループホーム「ひまわり荘」。
幼稚園児くらいの知能のうーやんと、マコちゃんの幼く可愛い恋。

会話にならない会話が微笑ましい。
他の方たちの知的障がい者特有の所作も笑いを誘う。

それ、笑っていいの?
なんて・・・考えなくていいじゃない。
と思えてくる。
人権侵害?
ならば、社会はちゃんと認めているのかな?
避けてないって言えるの?

DSC04313.jpg

改めて、知的障がいを持つということを深く考えさせられる。
舞台では、笑いもあり、柴田理恵さんが演じるグループホームで働くお手伝いのおばちゃんの
辛口が私の心をえぐって行く。

「これが、現実だ。世間なんてそんなものさ」
知的障がい者は、社会では理解されていないのか。

DSC04165.jpg

また、グループホームを運営する家の女子高校生の友人が「これって、弱い系?」、「きもい」と言う。
ふざけて、笑い飛ばしてしまう。
会ったこともない、奇妙な姿は、「きもい」で片づけられる。

DSC04379.jpg

でも、知らなければそうかも知れない。
普通ではないと、普通は、思うのだから。
私たちの考える普通以外は、奇異なものなのだから。

DSC04252.jpg

その女子高校生は、かなり太目だったため「デブ、デブ」と障がい者達にからかわれる。
「それ、差別用語でしょ、許さないわよ」と怒鳴る娘。

皆、自分が中心だから、傷つけても平気。
傷ついたら、訴える。

DSC04138.jpg

うーやんがともちゃん(うーやんの妹)に泣きながら尋ねる場面「僕が馬鹿だから、馬鹿だから
ともちゃんの結婚が駄目になったの?」と繰り返す。

ここでは、涙がポロポロ。
障がいの家族があるということが、結婚の壁になるのか?
現実は、冷たく残酷だ。

DSC04376_20151214193751761.jpg

末期のがんを宣告され、マコちゃんを残して逝けない父(愛情いっぽん)
もしかしたら、マコがちゃんと説明が出来ず、犯罪者にされる?

また、過去にあったようにマコが男性にいたずらされる?
マコちゃんは、施設に馴染めず、逃げ出した時、1人ラブホテルで泣きじゃくっているところを
見つかったことがある。
最低な人間もいる。

DSC04383.jpg

そんなことなら・・・。
そうなる前に・・・。
この手で。

DSC04315.jpg

悲しい結末は、号泣もの。

きれいごとを言うつもりは、ない。
親たちは、先に逝くのだから。

誰が、守ってくれるのだろう。
自分で守れと言うのか。

私たちは、どれだけ関わることが出来るのだろうか?

DSC04382.jpg

この舞台は、当事者家族がどのように思うのかは、わからない。
これが、全て真実でもないだろう。

映画も観たことがあるが、やはり、生の舞台は「すごい」の一言に尽きる。

知的障がいの娘を愛するが故の、実話なのです。
最後に本物の親子写真がたくさん映し出される。
もう、やめて・・・。
もう、限界。

おつきあいしていただきありがとうございます。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-14(Mon)
 

「美猫になったでしょう」

2015年初夏
赤ちゃんを産んで、隣人に3にゃんを託し消えたミケ。
再び現れたのは、7月だった。


もう、歩けない状態で駐車場にいた。
DSC02480_20151216220706b6c.jpg

こんなにやつれて、赤ちゃんを産むことの大変さ、のら猫が生きる厳しさを感じる。
DSC02735_20151216220707880.jpg

人間に怯えながらも、たくさん食べ、可愛い顔になった。
DSC04028.jpg

どう?あたい美猫になっただろ?
DSC03829_201512162207100ea.jpg

クロ、いつの間にか遊びに来るようになった。
初めて出会ったのに、お腹を見せて甘えてくる。
DSC02402_201512162207465bb.jpg

耳の後ろも胸のあたりも、毛がなく、ただれた肌をしていた。
DSC02201_20151216220748174.jpg

貫録のあるごつい顔で、ミケと寄りそうようになった。
毛並みも綺麗になった。
DSC04271.jpg

俺、イケメンになっただろ?
DSC04244_201512162207514e1.jpg

僕たちとは、ライバルだけどね。もかとととろ。
DSC04286.jpg

さあ、寒い冬を乗り切るよ。
ホカロンは、2つ入れておくね。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-17(Thu)
 

「サンタがやって来るよ」

朝の風景。
「おはようございます」のもか、ととろ、クロです。
もかは、クロに勇敢に立ち向かいます。

クロは、動じず。
ととろは、さっさと逃げて行きます。
もか、闘ったら負けるからやめてください。


さて、クリスマスですね。
DSC04405.jpg

サンタクロースでも探しに行きましょう。
いいえ、サンタになるために。
DSC04406.jpg

歩いて行けるお洒落なケーキ家さんへ到着。
DSC04404.jpg

お店のなかは、クリスマスの雰囲気が満載。
可愛いお菓子が一杯です。
わ~あれも、これも美味しそう。
DSC04398.jpg

ケーキも食べたいですね。
DSC04402.jpg

なんと、クロワッサンもありました。
皆さん、待っていてくださいね。
何かが届くかも知れませんよ。
DSC04401.jpg

その後、あるイベント会場に行きました。
なんだ~?
この迫力あるコスプレは?
メイドの私は、負けました。
DSC04419.jpg

この可愛い彼女は、風船アートのプロの方です。
サンタを注文し、作っていただきました。200円です。
DSC04435.jpg

この笑顔いいですね。
皆さんを幸せにしてくれると思います。
彼女をクリスマスツリーにしたら楽しそう。
DSC04436.jpg

お家にこんな風船を飾ったら楽しそう。
DSC04418.jpg

サンタさんのアップ。
DSC04439.jpg

ついでに、アンパンマンだよ~。
DSC04421.jpg

僕にもサンタさん来るの?
ととろ、お留守番ありがとう。
DSC04444.jpg


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-20(Sun)
 

「素敵なプレゼント」

もうすぐ、クリスマスですね。
お洒落なクリスマスパーティは、予定していませんが・・・。



素敵なクリスマスプレゼントをみかづきさんからいただきました。

DSC04474.jpg

保坂和志さん作、小沢さかえさんが描いた素敵な絵本です。

DSC04475.jpg

そこには、素敵な絵と共に、「死んでも生きても、ぼくは、ぼくだからね」
と言うメッセージがあります。

DSC04477.jpg

天国へ逝った猫、チャーちゃんからの言葉。
心に沁みます。

DSC04479.jpg

いつだってぼくは、走って、遊んで、踊っています。

DSC04480.jpg

みんないつでも一緒。

DSC04478.jpg

鳥は歌い、魚は泳いで跳ねています。

DSC04467.jpg

ぼくも踊っています、飛んでます。

DSC04472.jpg

そうだね、小さなここ、大きくなったここも、きっと空を飛び、踊っているんだね。

DSC02272.jpg

素敵なプレゼントをありがとうございます。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-22(Tue)
 

「お腹がいっぱい」

本日は、クリスマスでしたね。
私は、お腹がいっぱいです。
く、苦しい。

ちょっと、お出かけして美味しいお酒を飲みました。
嬉しいクリスマスプレゼントをいただいて感謝しています。

また、後日紹介いたします。

仕事納めは28日(月)となりますので、あと少し頑張ります。
皆さまは、お休みに入りましたか?

さて、ととろの見つめる先には・・・。

DSC04447.jpg

はい、プリンです。
チーズの抜け殻と共に。

DSC04448.jpg

ふ~ん、狙ってないもんね。

DSC04449.jpg

もかは、待っていたのにママさんは、またパソコンですか?

DSC04456.jpg

あ、これは、きなこちゃんのブログですね。

DSC04465.jpg

邪魔しちゃいますからね。

DSC04458.jpg

舐めちゃったりしますからね。

DSC04459.jpg

もう、相手してくれないんだ、フミフミしちゃうんだから。

DSC04492.jpg

ママより、フミフミにゃんこの方が好きですから。

DSC04493.jpg

フミフミ

DSC04497.jpg

フミフミ

DSC04499.jpg

僕は・・・。

DSC04503.jpg

クリスマスプレゼントになります。
僕、欲しいですか?
餌代は、高くなるかもよ。

DSC04504.jpg

明日のお腹の調子が怖い私です。


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-25(Fri)
 

「遅くなりましたが・・・」

日曜日は、お掃除を頑張りました。
日頃、出来ないところをやるといいですね。

早朝から夕方まで・・・。

一番に、にゃんこのトイレを綺麗にしました。
洗剤をつけてゴシゴシ。

レースカーテンを洗い、冷蔵庫の中を分解して洗います。
換気扇まわりは、油汚れで手強い。
床のワックスも1階から2階まで完了。

掃除の監督は、重たいテーブルなどの移動命令を出します。
ぶつぶつ言う息子。

ちなみにワックスは、1人でやりました。
かなりの筋肉痛です。

とりつかれた様に動く私に、息子が言いました。
「主婦は、大変だね」と。
主婦じゃありません、一応、仕事と両立。


さて、遅くなりましたが、サンタさんからのプレゼントを紹介します。
猫のぬくぬく靴下とハンカチです。
大好きな方からいただきました。



これは、北海道の都丸さんから届きました。ありがとうございます。

DSC04506.jpg

「ねこのたまご」です。
中には、濃厚で美味しいホイップクリームが入っています。
さすが、北海道のお菓子。

DSC04507.jpg

冬と言えば、みかんでしょう。
いえ、これは猫の爪とぎ用みかん箱です。

DSC04510.jpg

みかづきさんありがとうございます。
ネズミちゃんと、またたびもいただきました。
絵本もプレゼントしていただいた素敵な方です。

DSC04509.jpg

またたびの効果は、すごいですね。
ととろ、トロントロン。
また、ネズミちゃんをくわえて走りまわりました。

DSC04515.jpg

もかも、舐めすぎたのか、ヘロヘロです。

DSC04521.jpg

ととろ 「僕、入っていますよ」

DSC04529.jpg

もか 「僕も入っていますよ」

DSC04532.jpg

ママ 「お休みは、たくさん遊ぼうね」
仕事納めの日、頑張ります。
皆さまもお掃除、頑張ってくださいね。

DSC04533.jpg


ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-28(Mon)
 

「今年をふり返って」

今年も、もう終わりですね。
今年をふり返ってみましょう。

皆さまが、ブログから離れる中、
私は、暇なのです。

美味しかった蕎麦懐石の料理とともに。



失敗したこと。
子ども会の資源回収日、生ごみ用に入れたはずの私の古い下着を回収されたこと。
開いたら、びっくり。

DSC04538.jpg

やばかったこと。
お手洗いのない山に上がり、お腹が痛くなり、裸足で山を駆け下りたこと。
ギリギリ間に合いました。
もうすぐで、山の奥にて・・・。

DSC04545.jpg

笑ってはならないこと。
ある○儀の時、足がしびれた友人は、○香の時、スーパーマンが如く、
お坊様の真ん中に飛んで行ったこと。
ちなみに友人は、太っていて正座が困難。

DSC04546.jpg

反省して欲しいこと。
ある100キロ以上の方、命の危険があると医師から言われ、減量のため緊急入院となった。
入院まで時間があるからと、カキフライ定食をどんぶり飯で食べていた。

DSC04547.jpg

頑張ったこと。
電気、ガスが止められたゴミ屋敷に住む認知症の方を、
皆で入浴、受診させ、一時入所してもらったこと。
暖かいお正月が迎えられる。

DSC04550.jpg

嬉しかったこと。
受講生が「元気が出ました、あなたに出会えて良かった」と言い、涙を流されたこと。
閉じこもり歴の長い若者の第一歩が始まる。

DSC04549.jpg

もっと嬉しかったこと。
「キョンキョン」に似ていると数回言われたこと。うふっ。
調子に乗るな~。

DSC04551.jpg

安心したこと。
今年は、病気で入院しなかったこと。
かつて、痛みのストレスで、髪が抜けてしまいました。

DSC04553.jpg

良かったこと。
ブログの素敵なお友達に出会えたこと。

DSC04554.jpg

素敵なこと。
もか、ととろ、クロ、ミケがここに居てくれること。
寂しい時、天国のここがそばに居ること。

DSC04555.jpg

ちょっと怒れたこと。
菓子パンと惣菜パンを一緒の袋に入れられたこと。

DSC04565.jpg

感謝すること。
今、生きていること。
笑顔があること。
守るものがあること。

DSC04571.jpg

どうぞ、皆さま良いお年をお迎えください。
皆さまに力をいただき、感謝しています。

一人、書き続けていたりして・・・。


  ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ



 
2015-12-30(Wed)
 
訪問者数
「ここ」は永遠に…
My Family
DSC02011.jpg 《 もか 》 13.jpg 《 ここ 》 DSC03664.jpg 《 ととろ 》
リンク
このブログをリンクに追加する
ポチッとお願いします
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: